歴誕ホームへ歴誕カレンダーとはWEB歴誕カレンダー歴誕通販れきたんQ&A個人情報について通信販売表示
れきたん歴史人物伝歴誕制作ばなしれきたん壁紙リンクお問い合わせオーダーメイドカートの中身を見る

    

れきたん歴史人物伝
れきたん歴史人物伝は、歴史上の有名人の誕生日と主な歴史的な出来事を紹介するコーナーです。月に一回程度の割合で更新の予定です。(バックナンバーはこのページの最後にもまとめてあります)


10月号 2017年10月31日更新

【今月の歴史出来事】
農民たちを描いた画家
ミレー
1814.10.4〜1875.1.20


今月号のイラスト ◆農村のありのままを見れー
(C) イラストレーション:結木さくら

10月の主な誕生人物
01日元田永孚/儒学者
02日ガンジー/インド独立指導者
02日ハル/外交官、政治家
03日津田左右吉/歴史学者
04日ミレー/画家
05日リュミエール/発明家
06日マテオ・リッチ/宣教師
06日デデキント/数学者
07日ボーア/物理学者
08日クレッチマー/精神医学者
09日セルバンテス/小説家
09日サン・サーンス/作曲家
10日ヴェルディ/作曲家
10日大山巌/軍人
11日モーリアック/小説家
12日マクドナルド/政治家
13日小林多喜二/小説家
14日陸羯南/ジャーナリスト
14日アイゼンハワー/政治家、軍人
14日マンスフィールド/小説家
15日ニーチェ/哲学者
15日ヴェルギリウス/詩人
15日山本権部衛/政治家、軍人
16日阿部正弘/江戸時代の老中
16日黒田清隆/政治家
17日サン・シモン/思想家
18日ベルグソン/哲学者
19日マンフォード/思想家
20日島津久光/江戸時代の薩摩藩主の父
20日古賀精里/儒学者
20日ランボー/詩人
21日江戸川乱歩/小説家
21日徳川吉宗/江戸幕府八代将軍
21日ノーベル/化学者
22日リスト/ピアニスト、作曲家
22日牧野伸顕/政治家
23日花岡青洲/江戸時代の医師
23日西園寺公望/政治家
24日レーウェンフック/科学者
25日ピカソ/画家
25日シュトラウス(ヨハン)/作曲家
25日ビゼー/作曲家
25日徳富蘆花/小説家
26日モルトケ/軍人
27日齋藤実/政治家、軍人
27日ルーズベルト(セオドア)/政治家
27日パガニーニ/作曲家
28日嘉納治五郎/柔道家、教育者
29日井伊直弼/江戸時代の大老
30日上田敏/詩人、英文学者
31日蒋介石/政治家、軍人
31日ローランサン/画家

今月ご紹介するのは、フランスの画家・ミレー。「バルビゾン派」に属し、農民画でよく知られています。

画家を志す
ミレーはフランス北部の小さな村・グリュシーで、1814年の10月4日に生まれました。1814年は日本でいえば江戸時代後期、11代将軍徳川家斉の治世。いわゆる化政文化のころです。なお、当のフランスはというと、ナポレオン時代の最終期にあたり、いよいよナポレオン失脚か、王政復古かという綱引きがおこなわれていた時代の境目に当たります。

ミレーの家は農家でしたが、ミレー自身は画家を志し、10代のころから絵の修行をおこなっていました。そして23歳の年、ミレーは芸術の都・パリへと出て、本格的な絵画修行をはじめます。はじめ弟子入りしたのはドラロッシュという画家でしたが、師匠にはあまり評価されなかったようです。ミレーは肖像画や裸体画、看板画等で糊口をしのぎながら修行を続けます。

26歳の年にはミレーの絵がサロン(フランス芸術アカデミーの公式展覧会)に入選します。このころ、ミレーは結婚を経験しますが、妻は結婚後わずか3年ほどで病死し、その後出会った女性と再婚しています。

バルビゾン派
初めてのサロン入選から数年間で、ミレーの作品はさらに何度かサロン入選し、その名声も徐々にではありましたが上がってゆきました。この間、ミレーの作風は変化してゆきます。当初は古典的な題材、あるいは肖像画などでしたが、後半は農民や農村の風景に題材をとるようになります。

当時、フランスの絵画界では、古典的な題材を重視する伝統的な立場に対し、自然の中に観察されるありのままの題材を重視する立場が現れてきていました。彼らはやがて広く認められるようになります。彼らの多くはパリ郊外にあるバルビゾンという村に集まって活動したため、バルビゾン派と呼ばれるようになります。このバルビゾン派の流れが、のちに絵画界を大きく変えることとなる印象派の流れにもつながってゆくのです。ミレーはその中の一人に数えられるわけです。

ミレーがバルビゾン村に移住したのは34歳の年のことで、当時流行していたコレラを避けるためという理由があったといいます。ともあれ、ミレーの代表作の数々は、このバルビゾン村で描かれることとなります。

農民を描く
ミレーの代表作といえばまず「落穂拾い」があがるでしょう。題名どおり、刈り入れの済んだ麦畑において、取りきれずに地面に落ちている麦の「落穂」を拾い集める女性たちの姿を描いた作品です。麦を刈り入れる際は、落穂まで残らず刈り入れてはならない、というのは聖書にも書かれていることでした。つまり、残った落穂は貧しい人々が拾うために残しておきなさい、ということなのです。

「晩鐘」も有名な絵画です。夕暮れ時、農作業の最中に聞こえてきた教会の鐘に対して祈りを捧げる夫婦の姿を描いた作品です。

両作品に共通しているのは、宗教が関係していることです。これらの作品が、何の変哲もない農村や農民を描きながらも、たいへん厳かで尊い印象を抱かせるのは、そんなところに理由があるのかもしれません。

ミレーは1875年の初頭、60歳で亡くなりました。死のそのときまでバルビゾン村で過ごしています。

 



ホーム歴誕カレンダーとはWeb歴誕カレンダー歴誕通販れきたんQ&A個人情報について通信販売表示

取扱店・プレスリリースれきたん歴史人物伝れきたん編集室れきたん壁紙リンクお問い合せ


Copyright (C) 2017 有限会社 秋山ワークス