歴誕ホームへ歴誕カレンダーとはWEB歴誕カレンダー歴誕通販れきたんQ&A個人情報について通信販売表示
れきたん歴史人物伝歴誕制作ばなしれきたん壁紙リンクお問い合わせオーダーメイドカートの中身を見る
 歴史人物誕生日カレンダー2018年版
 今日の歴史出来事カレンダー2018年版
 壁歴ポスター戦国編「武将・人物88人」
 壁歴ポスター日本史重要人物101
 歴誕クリアファイル歴史人物誕生日編
 歴誕クリアファイル日本史重要人物101編
 オーダーメイド/名入れ歴誕クリアファイル
  
2018年版カレンダーは「販売終了」いたしました。
  

 1.あなたの生まれた日の歴史的出来事がイラストと解説でわかる!
 2.「見て、読んで、楽しく学べる」がコンセプトで、歴史が自然に身につく!
 3.古人の知恵が生み出した、二十四節気と雑節の解説付!
 4.簡単なコメント用メモ欄付で実用性をプラス!

●『歴誕』シリーズの第二弾として企画されたのが、この『今日の歴史出来事カレンダー』です。1年366日(閏年を含む)全ての日付欄に、「その日起こった歴史上の出来事」を掲載しており、日々、歴史に触れることができます。
●出来事は日本史だけではなく世界史からもピックアップ。時代的にも紀元前から戦後の日本国憲法公布までの長い期間を扱っており、歴史上の出来事を幅広く知ることができます。
●もちろん、366の出来事全てにコンパクトな解説と描き下ろしのイラストが付いています。「見て、読んで、学べる」という『歴誕』のコンセプトを継承した、情報量たっぷりの歴史カレンダーです。、各月に「同日に起こった主な出来事」も掲載しています。
●また、各月カレンダーには、二十四節気(太陰暦を使用していた時代に、季節を現すための工夫として考え出されたもの)と雑節(習俗的な要素の強い季節の表現)の解説をしています。
■企画コーナー「今日出来エクストラ」
各月に専用の枠を用意し、企画記事「今日出来エクストラ」を掲載しています。テーマは「日本史のターニングポイント」。長い日本の歴史、その節目となった重大な事件を年代順に紹介しています。イラストや紹介文はコーナーのための書き下ろしです。
   

カレンダーの内容

●サイズ:B4・ブック型
(開いてB3(515×367))
●28ページ(中綴じ・吊り下げ式)
●小売販売価格/税込1,470円
 (送料別)
  

  
只今、本サイトで歴誕カレンダーお買い上げの方に
歴誕通販特製「日本史+世界史ロング年表」
(非売品)をプレゼント!
「歴史人物誕生日カレンダー」と「今日の歴史出来事カレンダー」をベースに古代から明治維新までの日本史と世界史をロングポスターにまとめた年表です。
(歴誕通販のみの特別プレゼント!) 

今日の歴史出来事カレンダーについて
■掲載の出来事はその性質によっていくつかに分類してあります。 
・日本史の時代区分は、基本的に以下の通りです。カッコづけされているのは時代が始まる境目の出来事です。
 飛鳥時代(飛鳥に宮が移され、推古天皇が即位)/奈良時代(平城京遷都)/平安時代(平安京遷都)/鎌倉時代(源頼朝が将軍になる)/室町時代(鎌倉幕府崩壊より後)/安土桃山時代(室町幕府崩壊より後)/江戸時代(徳川家康が将軍になる)
 ※室町時代の始まりから南北朝合一までを「室町・南北朝時代」としています
 ※室町時代から安土桃山時代にかけての一定の期間(応仁の乱〜本能寺の  変)は「戦国時代」とも呼ばれます。この期間は「室町・戦国時代」「戦国・安 土桃山時代」としています
 ※江戸時代末期、ペリー来航から明治改元までを「幕末」としています
・なお、日本史の時代区分は立場や説によってさまざまです。上記はできるだけ一般的かつわかりやすいと思われる形で区分していますが、日本史の流れをとらえる大まかな目安とお考えください。
・日本以外が主要な舞台となった出来事は「世界史」としています。
・「明治改元(明治元(1868).9.8)」より後は日本史と世界史の境界線が明確でない出来事が増加するため、まとめて「近代史」とし、特に分類しません。とは言え、それでは分かりづらい面もありますので、直接的に日本が関わっていない出来事や日本史と縁のうすい出来事には、目安として*印を付けています。なお、近代は国家同士が関わりの密度を増した時代ですので、*印のついた出来事であっても、何らかの形で日本が関係しているものが多くあります。
■各出来事にはイラストを付けています。イラストに描かれた人や物は、資料をもとにできるだけ当時の形を再現するようにしました。ただし、描かれている情景自体はイメージですので、当時あったことそのままというわけではありません。
■掲載の日付は、基本的に「その当時にその地で使われていた暦」によっています。昔の日本の出来事でしたら、元号と旧暦の日付を掲載し、目安としてそれに相当する西暦の年号をカッコ付けで添えています。なお、日本では明治5年12月3日を明治6年1月1日とする形で太陽暦が導入されました。よって、それ以後の出来事は西暦(グレゴリオ暦)表示で統一しています。
■歴史的出来事の日付は、立場や視点、解釈によって変わってくる場合があります。そのため、一般的に「○○のあった日」とされている日と、このカレンダーに掲載されている日が異なっている場合もあります。また、出来事の起点や終点ではなく、「ポイントとなる途中の一日」を抽出して掲載している場合もあります。解説文中で「具体的に何が起きた日か」をできるだけ記述するようにはしていますが、その点をご理解いただけますと幸いです。
■できるだけ正確な内容を掲載したつもりでおりますが、扱ったデータ量が膨大なこともあり、資料の解釈ミスや単純な取り違え、思い違 いによる内容の誤りなどがあるかも知れません。そのような点については今後の改訂で修正し、「今日の歴史出来事カレンダー」をよりよい内容にしていきたいと考えております。何卒ご理解くださるようお願い申し上げます。さい。 -->
ホーム歴誕カレンダーとはWeb歴誕カレンダー歴誕通販れきたんQ&A個人情報について通信販売表示
取扱店・プレスリリースれきたん歴史人物伝れきたん編集室れきたん壁紙リンクお問い合せ

Copyright (C) 2017 有限会社 秋山ワークス